TOP >「第8回 貝印スイーツ甲子園」開催!

第8回 貝印スイーツ甲子園 高校生のためのスイーツコンテスト「第8回 貝印スイーツ甲子園」開催!〜テーマ:わたしのまちの“新”名物〜

去る9月22日(火)に、秋葉原「アキバ・スクエア」にて行われた「第8回 貝印スイーツ甲子園」決勝大会。
笑いあり涙あり、最高潮の盛り上がりの中、幕を閉じました。

北海道東北ブロック勢初の優勝!

今回で8回目を迎えた「貝印スイーツ甲子園」は、『わたしのまちの“新”名物』をテーマに、全国から431チームが参加。7月より行われた全国予選ブロックを勝ち抜いた6チームで決勝大会が行われました。150分間という時間制限に加え、会場には各校の関係者や親族をはじめ、一般の観覧者が約100名いるという大きなプレッシャー。さまざまなハプニングがありながらも最後まで諦めず、練習の成果を出し切るため、各校ともチーム一丸となってがんばりました。この厳しい戦いを制し、優勝したチームは、北海道三笠高等学校「premier(プルミエ)」。北海道東北ブロック勢初の優勝という快挙を成し遂げたのです!

優勝の決め手はバランスの良さ。

優勝が決まった瞬間、メンバーの3人は飛び跳ねて喜びを表現! 会場に駆けつけた親族や先生たちからも歓声が上がりました。審査員は「味や食感がとても繊細でまとまっている。北海道の特産であるハスカップの酸味とマスカルポーネの優しい甘さなど全体のバランスが素晴らしかった。また、ピスタチオやクルスティヤンのサクサクな食感も楽しめた」と絶賛。それを聞いたメンバーは「これまで支えてくれた人たちに感謝の気持ちを伝えたい」と感無量な様子で、優勝した喜びを噛みしめていました。優勝した3名には、賞品としてスイーツの本場パリでの研修旅行と貝印の製菓道具シリーズが贈られました。
大会決勝の作業風景
優勝
北海道三笠高等学校
「premier(プルミエ)」
作品名:Magnum Opus
(マグナムオーパス)
準優勝
慶誠高等学校(熊本県)
「Trinita(トリニタ)」
作品名:Legare(レガーレ)
~太陽の贈り物~
第3位
レコールバンタン高等部大阪校
「rainbow(レインボウ)」
作品名:CRESIA(クレシア)
今回開催された各地方予選大会の模様は、貝印のスイーツ甲子園サイトにて動画で視聴していただけます。

Backnumber

2016 Winter 第9回貝印スイーツ甲子園 決勝大会

2016 Autumn「貝印スイーツ甲子園」 開催!

2016 Spring「貝印スイーツ甲子園」 優勝した高校生の現在(いま)

2015 Winter「第8回 貝印スイーツ甲子園」開催!

2015 Autumn「第8回 貝印スイーツ甲子園」地方予選大会

2015 Spring 「第8回 貝印スイーツ甲子園」開催!

2014 「貝印スイーツ甲子園」決勝大会レポート

2014 「貝印スイーツ甲子園」で優勝した高校生が、パティシエになって活躍中!

2014 貝印スイーツ甲子園 白岩忠シェフ 「TOKYO sweets」を使って気軽にスイーツ!!

2014 貝印スイーツ甲子園 林 周平シェフ 「TOKYO sweets」を使って気軽にスイーツ!!

2014 貝印スイーツ甲子園 地方大会審査員 堀江 新シェフレシピ監修 「TOKYO sweets」を使って気軽にスイーツ!!

2013 Winter 貝印スイーツ甲子園 大会審査員 五十嵐 宏シェフ レシピ監修 「TOKYO sweets」を使って気軽にスイーツ!!

2013 Autumn 貝印スイーツ甲子園 大会アドバイザー 大森由紀子先生レシピ監修 「TOKYO sweets」を使って気軽にスイーツ!!

Page Top