TOP > 料理家が教える 地域の食材 味わい方、活かし方

料理家が伝える地域の食材 味わい方、活かし方

料理家が伝える

地域の食材 味わい方、活かし方

2016 Summer

日本各地の、それぞれの風土に適した食材の数々…
食材に合った調理法を学んで、その魅力と味わいを再確認しませんか。
各地の料理家の方々に、
とっておきのレシピを教えていただきました。

神奈川県・江ノ島の「釜揚げしらす」を使った湘南ケークサレ(燻製しらすとひじきのケークサレ)

湘南ケークサレ

釜揚げしらす

釜揚げしらす

江ノ島の釜揚げしらすは、地元住民だけでなく観光客にも人気。ジューシーで旨みがある釜揚げしらすを求めて、遠方からもたくさんの方が食べに訪れます。地元では、釜揚げしらすを使ったピザやパンも売られており、隠れた人気料理となっています。

三谷良子さん

三谷良子さん

料理研究家、フードコーディネーター、ワインエキスパート、チーズプロフェッショナル。パンを通して世界の食と文化を楽しむ『サロン ド ファリーヌ』主宰。横浜市の「はまふぅどコンシェルジュ」として生産者と消費者をつなぐ活動も行う。

愛知県の伝統ある味噌「八丁味噌」を使った 冷やし麺 八丁味噌風味

冷やし麺 八丁味噌風味

八丁味噌(カクキュー)

八丁味噌(カクキュー)

大豆と塩のみを原料とし、二夏二冬(ふたなつふたふゆ)以上の間熟成させる八丁味噌。凝縮した大豆の旨みがあり、シンプルな料理でも味に深いコクが出ます。たんぱく質が豊富で、食欲増進や夏バテ防止の作用があると言われています。

磯貝由恵さん

磯貝由恵さん

料理研究家。パリのエコール・リッツ・エスコフィエをはじめ、フランス各地 で料理、製菓を学ぶ。料理教室『エ コール・ド・ガストロノミ・ラフィネ』を主宰。「魔法の「オイル漬け」BOOK」など、多数の著書を出版している。

『貝印オンラインストア』では、このページで紹介している商品やその他の新作商品など、毎日の料理が楽しくなる便利なアイテムが購入できます。
貝印オンラインストアはこちら

Backnumber

2016 Autumn 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

Page Top