TOP > 料理家が教える 地域の食材 味わい方、活かし方

料理家が伝える地域の食材 味わい方、活かし方

料理家が伝える

地域の食材 味わい方、活かし方

2016 Winter

日本各地の、それぞ れの地域で育まれた食材の数々…
食材に合った調理法を学んで、その魅力と味わいを再確認しませんか。
各地の料理家の方々に、
とっておきのレシピを教えていただきました。

神奈川県藤沢市の「みやじ豚」と「鵠沼魚醤くげぬまぎょしょう」を使ったみやじ豚のオーブン焼き 鵠沼魚醤風味

みやじ豚に、鵠沼魚醤の旨みとコク、野菜とハーブ類の風味と香りをしみ込ませ、
オーブンでじっくりと焼き上げた一品です。

みやじ豚のオーブン焼き 鵠沼魚醤風味

みやじ豚・鵠沼魚醤

みやじ豚・鵠沼魚醤

藤沢の豊かな自然の中で育てられたブランド豚・みやじ豚。ストレスがかからないよう飼育しているため、肉質が軟らかく、優しい味わいが特徴です。地元・片瀬漁港で捕れたシコイワシを使った鵠沼魚醤は、特有の臭みが少なく、濃厚な旨みが魅力。どちらも、地域の人たちから愛され続ける地元食材ですが、今では遠方からわざわざ買いに来る方もいます。

山内千夏さん

山内 千夏やまうちちなつさん

料理家。神奈川県藤沢市にて、イタリアの家庭料理の魅力を紹介する料理教室「Mille piatti」を主宰。管理栄養士。著書に『トルタ・サラータ イタリア式塩味のタルト』『カルパッチョ!』( 文化出版局)がある。

熊本県の「れんこん」と「水田ごぼう」を使った根菜味噌バーグ

根菜の旨みが詰まった、味噌の味が引き立つハンバーグ。
冷めてもおいしくいただけるので、お持ち寄りパーティやお弁当にもピッタリ!

根菜味噌バーグ

れんこん・水田ごぼう

れんこん・水田ごぼう

有明海に近い地区で栽培されているれんこんは、水分をたっぷり含んだ土壌で育てられたことから、みずみずしくクセの少ない、ほのかな甘みと軟らかさが人気です。稲刈りをした後の水田で作る水田ごぼうは、白色で軟らかく、香りが豊かなのが特徴。どちらも熊本では、さまざまな料理や調理法で食べられる、日々の食卓に欠かせない食材です。

橋本美樹子さん

橋本 美樹子はしもとみきこさん

料理研究家。横浜の料理教室『元町エムズキッチン』を主宰。幼い頃から料理が好きで、社会に出てから本格的に各国料理を学ぶ。身近な食材や野菜をふんだんに使った料理を中心に、これまでに作成したレシピは2,000を超える。

『貝印オンラインストア』では、このページで紹介している商品やその他の新作商品など、毎日の料理が楽しくなる便利なアイテムが購入できます。
貝印オンラインストアはこちら

Backnumber

2017 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2017 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Winter 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Autumn 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Winter 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Autumn 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

Page Top