TOP > 料理家が教える 地域の食材 味わい方、活かし方

料理家が伝える地域の食材 味わい方、活かし方

料理家が伝える

地域の食材 味わい方、活かし方

2017 Summer

日本各地の、それぞれの地域で育まれた食材の数々…
食材に合った調理法を学んで、その魅力と味わいを再確認しませんか。
各地の料理家の方々に、
とっておきのレシピを教えていただきました。

福島県の「ホッキ貝」を使ったホッキご飯

ホッキ貝を大きめに切って贅沢に炊き上げました。
甘みと旨みを閉じ込めた、香りも豊かなご飯です。

ホッキご飯

ホッキ貝

ホッキ貝

6月から旬を迎える福島県のホッキ貝は、身がふっくらと柔らかく、甘みが強いのが特長です。地元の人たちにとってとても身近な食材で、刺身、天ぷら、しょうゆ煮などさまざまな調理法があります。中でもホッキご飯は家庭によって作り方も味も違う、代表的な郷土料理のひとつです。

鈴木 佳代子さん

鈴木 佳代子すずき かよこさん

タイ料理研究家、フードコーディネーター。タイ・バンコクにて料理研究家のアシスタントを務めながら、料理学校、現地レストラン、各地の家庭料理を学び帰国。現在はタイ料理教室(東京、福島)、イベント講師、レシピ開発、執筆、タイ関連のコーディネーター業務、テレビ番組、VPなどの映像制作、イベント企画などの業務に携わる。

大阪府で高い消費量を誇る「昆布」と「塩昆布」を使った鶏胸肉とアスパラガスとトマトの
塩昆布和え ジュレ添え

見た目も食感も爽やかな夏らしい一品。
昆布のコクと旨みが活きた、繊細な味わいに仕上がりました。

鶏胸肉とアスパラガスとトマトの塩昆布和え ジュレ添え

加工昆布

加工昆布

大阪府では、江戸時代より昆布の流通が盛んで、当時から料理によく利用されており、特に真昆布の約9割が大阪府で消費されています。
大阪府で手に入る真昆布はコクと旨みがあり、力強い風味の出汁を取ることができます。また、塩昆布、酢昆布、とろろ昆布など加工品の生産も多く、大阪府の食卓に欠かせない食材のひとつとなっています。

※写真は、大阪市中央区にある『こんぶ土居』の「天然真昆布」と「細切りしおふき」。

いこま ゆきこさん

いこま ゆきこさん

料理家。『いこまゆきこお料理教室』を主宰。和食を中心に、旬の食材を活かした体に優しいメニューが人気で、日本発酵文化協会の上級認定講師としても活動。著書に『おうちで喜ばれるにほんのおかず予約が取れない「いこまゆきこお料理教室」の珠玉メニュー』がある。

『貝印オンラインストア』では、このページで紹介している商品やその他の新作商品など、毎日の料理が楽しくなる便利なアイテムが購入できます。
貝印オンラインストアはこちら

Backnumber

2017 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2017 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Winter 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Autumn 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2016 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Winter 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Autumn 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Summer 地域の食材 活かし方、味わい方

2015 Spring 地域の食材 活かし方、味わい方

Page Top