TOP > プロの簡単レシピ特集 > 春のからだに優しい5色の薬膳ごはん

プロの簡単レシピ特集

簡単レシピ特集目次へ戻る

特集イメージ画像

1食で緑、赤、黄、白、黒を食べる 春のからだに優しい5色の薬膳ごはん

薬膳料理家のパン・ウェイさんの料理は、
中国では日常的に意識されている“病気にならないからだを作る食事”です。
春に食べるとからだに良いとされている5色の彩りレシピを、
朝、昼、夕食のそれぞれの献立で教えてもらいました。

パン・ウェイさん画像

料理研究家
パン・ウェイ

中国・北京生まれの料理研究家。季節とからだをテーマに四季に沿った食生活を提唱し、現在は東京・代々木スタジオにて料理教室を主宰。テレビ出演や著作活動、講演会の他、企業向けのレシピ開発やコンサルタントとして活躍中。

5色食材例

  • 緑 葉物野菜や菜の花、アスパラガスなど
  • 赤 赤色野菜、牛肉や豚肉、赤身魚など
  • 黄 卵黄、かぼちゃやとうもろこし、みかん、柿など
  • 白 白米、白い野菜やフルーツ、ホタテやイカ、白身魚、鶏肉など
  • 黒 きくらげ、しいたけ、海藻やもずくなど海藻類、黒こしょうなど

薬膳では、「1日の食事で5色を食べるとよい」とされています。5色とは緑、赤、黄、白、黒に分けられる食材のこと。5つの方角を5色で表す風水がその由来なのだそう。1日にこの5色の食材を食べることは、栄養のバランスだけでなくからだや心の健康に深く関わると考えられています。
そこで、旬の食材を使った、春の体を整える薬膳レシピを紹介します。“1日5色を食べる”を簡単に、朝、昼、夕食のうち1食だけでも5色が摂れるように工夫されています。

春の新生活をパワーアップする朝食

豚肉のワンタンの写真

大豆の植物たんぱく、豚と卵の
動物性たんぱくを豊富に摂って
朝から活発に!

レシピを見る

花粉症を和らげる昼食

帆立と春野菜のロールキャベツバター風味の写真

香りの強い山菜や野菜は、
アレルギー性鼻炎を抑えると
言われています。

レシピを見る

1日の疲れをしっかり取る夕食

蒸し鯛の写真

漢方では、春は肝臓が弱り解毒力が落ち、免疫力も下がる季節。
たんぱく質で肝臓の機能を回復し、
ねぎとしょうがで体温アップ、
免疫力を高めます。

レシピを見る

Best Picks

一度手にするとその使い勝手に感動

O.E.C. W(ダブル)角鍋

料理研究家の脇雅世さんと開発した、IHクッキングヒータでも大活躍するW角鍋は、浅型鍋と深型鍋のセットです。浅型鍋はふたとしてはもちろん、フライパンのようにも使え、深型鍋は茹でる、揚げるの調理にも向きます。また蒸し物は、水の量に合わせて高低2パターンあるすのこの脚の高さを選べて便利。収納のことを考えられたコンパクトなデザイン設計です。

O.E.C. W(ダブル)角鍋画像

商品詳細を見る

キッチンで大活躍! シンプルな長方形の万能調理器

煮る画像

煮る

浅型鍋を使って、
煮魚が簡単に作れます。

オーブン画像

オーブン

そのままオーブンに入れて
加熱もできるサイズ設計。

茹でる画像

茹でる

麺が対角線上に入り、
パスタを茹でる作業も
簡単にできます。

蒸し焼き画像

蒸し焼き

ふたが重くしっかり閉められるから、オーブンを使わずにオーブン調理ができます。

Recipe

春の新生活をパワーアップする朝食

花粉症を和らげる昼食

1日の疲れをしっかり取る夕食レシピ

Page Top