Blanc-manger au SAKURA ~桜風味のブランマンジェ~
YUKO GONDOさんのレシピ
Blanc-manger au SAKURA ~桜風味のブランマンジェ~<
材料

【材料】 直径6.5㎝ココット8個分

【ブランマンジェ】
牛乳150g/生クリーム150g/グラニュ
ー糖20g/桜ペースト10g/板ゼラチン
3g/トック・ブランシュ桜8g

【桜ジュレ】
水100g/ゼラチン1g/トック・ブランシ
ュ桜15g/
桜のシロップ漬8ケ

材料

1.
①ブランマンジェを作る。小鍋に牛乳、生クリーム、グラニュー糖、桜ペーストを入れ火にかける。沸騰し、グラニュー糖が溶けたら火を止め、冷水でふやかした板ゼラチンを加え溶かす。シノワで漉す。
②①の粗熱が取れたら、トック・ブランシュ桜を加え混ぜ、ココットに注ぎ冷蔵庫で冷やす。
③桜ジュレを作る。小鍋に水を入れ沸騰したら火を止め、冷水でふやかした板ゼラチンを加え溶かす。粗熱が取れたら、トック・ブランシュ桜を加え混ぜ、冷えて固まった②の上から静かに注ぎ入れ、桜のシロップ漬けを中心にのせ、更に冷やし固める。

レシピを作った先生
サムネイル

YUKO GONDO

フランス菓子研究家。

独身の頃より食に興味を持ち、家庭料理を学ぶ。結婚後は子供達の為に手作りパンに夢中になり、大手パン教室講師資格取得後、自宅にてパン教室を開催。その頃よりお菓子の世界にも興味を抱き、製菓衛生師取得。
更なる学びを求め、ル・コルドン・ブルー神戸校で菓子ディプロム修了、フランス菓子の美味しさ・芸術性・歴史と伝統の奥深さに魅了され、卒業後は地元有名仏菓子店で勤務、フランスにも足を運び自身のお菓子の世界を探求する。その後、大手老舗菓子店のお菓子教室アシスタントを勤め、2015年11月にフランス菓子教室girasol主宰。

現在、プロと同じ道具・素材に拘り、家庭のオーブンで作り易い、甘すぎないレシピで本格的なフランス菓子をお教えしています。フランス伝統地方菓子やフランス菓子の歴史、現代フランスパティスリー事情にも触れながら、製菓理論にも力を入れ、失敗しないお菓子作りが出来るよう、小人数制できめ細かいレッスンを行っています。
旬の果物・食材を使い季節感や素材を活かしたお菓子作りを大切に、ご家族様の幸せな記憶に残る美味しいフランス菓子をお伝えしています。

ページトップへ